危険なパパの特徴は?パパ活における危ないパパを説明します

パパ活をしていると、危険なパパに遭遇することがあります。
会う前に回避できれば良いものの、そう都合良くはいきませんよね。
自分を守るためにも、せめて危険なパパの特徴だけでも押さえておきましょう。

安全なパパ活アプリは下記で見つけました。

パパ活アプリランキング
https://www.mswave.co.jp/

パパを見つけるコツは、多くのアプリをインストールすることです

危険なパパの特徴について

危険なパパと言っても人それぞれですので一概には言えませんが、下記の特徴を持っていることが多いです。
復数該当するようであれば要注意です。

やたらと個室や車を使いたがる

やたらと個室や車を使いたがるパパは気をつけましょう。
個室や車は周囲の目がないため、無理やり何かされたとしても誰も助けに来てくれません。

人目がないところに行こうとする時点で、何かする気満々です。

体目的の男性が多いのは仕方がありませんが、やたらと周囲の視線がない場所に連れ込もうとするのは危険なパパである可能性が高いです。

いくらお手当をもらうためとは言っても、リスクが高すぎるので避けたほうが良いでしょう。
基本的に男性の方が力は強いですし、警戒しておくに越したことはありませんよ。

会う前から好条件を提示してくる

会う前から好条件を提示してくるパパには気をつけましょう。
とにかく会うことが目的、あとは言いくるめて未払いで飛べばいい。
そういった考えのパパである可能性があります。

会ってからの好条件であれば理解できますが、会う前に好条件って意味がわかりませんからね。
相場からかけ離れている場合や、何を提示してもOKの場合は疑った方が良いでしょう。

「会いさえすれば条件は無視してなんとでもなる」と思っているかもしれません。

やたらと好条件を提示されるときは警戒しましょう。

上から目線

上から目線のパパには気をつけましょう。
別の言い方をすれば、人を見下す癖があるパパですね。

言葉遣いも悪く、乱暴である傾向があります。
遠からずトラブルになるはずですので、パパにするのはやめたほうが無難です。

パパ活でなくとも、距離をとったほうが良いタイプです。

お金がもらえると言っても、一緒にいてもストレスが溜まるだけですし、良いことはないので早く断って他のパパを探しましょう。

自分が上だから何をしても許されるのだという気持ちが少なからずありますので、本当にリスクしかないですよ。

SNSで募集している

SNSで募集しているパパには気をつけましょう。
そもそも誰でも無料で利用できるSNSで募集なんて、普通に考えてしません。

未成年が連絡してくる可能性がありますので、常識のある大人の男性であればSNSで募集しませんね。
またあえてSNSで募集しているということは、パパ活アプリでトラブルを起こしてアカウント停止になった・お手当を払えるだけの経済力がないという可能性も考えられます。

経済力がないパパであれば、相手にするだけ時間の無駄ですよね。
少なくとも経済力があるならパパ活アプリで有料会員になれるはずです。

にもかかわらずSNSで募集するということは…?

どちらにせよ経済力を持ったパパは、SNSよりもパパ活アプリのほうが多いでしょう。
わざわざ危険で可能性が低いほうを選ぶ必要はないと思います。

パパ活は危険なパパが少ない場所でやる

パパ活をするのであれば、危険なパパが少ない場所でやるのが無難です。
危険なパパが多いのは、SNSや掲示板といった、誰でも無料で利用できるところです。

ですので男性は有料会員になる必要があるかどうかで選ぶのも一つの目安となります。
少なくとも課金をためらうような経済力の人を相手にしても仕方ありませんからね…。

パパ活アプリであれば、基本的に身分証明書を使った年齢確認が行われます。
アカウント停止になれば戻るのは難しいですし、必然的に危険なパパも排除されていきます。

中には評価機能があるようなパパ活アプリもありますので、うまく活用していきましょう。